我が家の栽培環境




ここでは、どの様な栽培環境で育てているか写真で説明しています


我が家では庭が狭い為、この小さなワ-ディアンケ-スで栽培しています。
上段には低地性ネペンテス、下段には高地性ネペンテスを置いて中間に
 アクリル板を仕切って栽培環境を分けていて。左側の木の箱には冷却装置
  が2台入っています。本当は人が入れる位の大きさが欲しい所ですが、今の
   冷却能力からすると、この半分の空間でさえ真夏にだいぶ射光を落としても
  最高25℃位に抑えるにはたいへんです。私の住んでる所は東京でも特に熱く
   なるところで,天気予報でも別扱いに最高温度を予報する程です。去年の夏は
   一段と熱く最高38〜39などという時もありました。この様な時は真夜中でも
   30℃以下にならないという現象になります。又ネットを春夏秋冬4種類で分け
遮光を調整し温度対策しています。この様な気象条件の時は低地性
    ネペンテスでもガラス窓を多く開けなければならず、それにより湿度が下がり
袋が付け難くなってしまいます。本当に年々夏の気象温度が上がり
  食虫植物栽培家にとって頭が痛い所です。

温室風景

  温室



高山性ネペンテス温室の冷却装置の設置写真です。装置は熱帯魚用ク-ラ-
  を使用しています。前回4年位使用していた装置が壊れましたので2008年冬に
    2台交換しました、環境を維持するのもお金が掛かります。ついでに夏が暑すぎる
   ので今回は少しパワーアップしました。機種名はZC-1000、1台、ZR-180、1台で
     これを2台連結して運転していますがこれを真夏で水温を5〜6℃位に設定しますと
       遮光を強くしてどうにか最高28〜9℃まで抑える事が出来ます。ただしこの設定ですと
      ク-ラーは1日中フル回転の状態で、装置の負担は大きい様です。理想は3台連結すれば
     機器の寿命が伸びるのでしょうけど、置く場所がないので現状維持でやっています。
      太陽が当たり、湿度は高く、温度は低いと言う環境を作るにあたって、この狭い空間で
    やっとなのですから、もしこの栽培方式で大きめの温室などを設置した場合などは
   数十万〜数百万円単位の業務用冷却装置が必要でしょう。



冷却装置

ク-ラ-



私の場合は下の写真の様なやり方で空気を冷やしています。冷水を空気と触れさせて
温度を下げるというやり方です。エアコンを使うと湿度がかなり下がるという理由で
少しでも湿度を守るという意味でやっていますが、それでも湿度は奪われがちです。
外気との温度差がかなり有る為仕方有りません。加湿器でどんどん湿度を送り込んで
 濃霧状態にしても葉などは乾燥状態というおもしろい現象が起きます。これは濃霧状態
 だから高湿度だろうと言うのは違うと思います。実は空気によく溶け込んでいない為で
私なりの対処法は栽培方法のコーナーで説明しています。



低地性ネペンテスについては特に触れてないですが、加湿器、ヒーター、窓の開け閉めで
   調節して育てています。冬の管理は冷却装置は停止してアクリル板をずらし上段の温かい
空気を取り入れて高地性ネペンテスの方は最低温度10℃位にしています。冬は冬で
ヒーターで乾燥しますので、加湿器は一年中運転している事になります。



冷却部分
冷水シャワ-




inserted by FC2 system